活動報告

活動報告

  • Women in Science Japan (WiSJ)が主催するシンポジウムが開催されます

    2020年12月5日(土)、第43回分子生物学会年会のサテライトシンポジウムとしてInternational Symposium for Female Researchers in Chromatin Biology (ISFRCB) 2020が開催されます。シンポジウムの詳細は第43回分子生物学会年会のホームページ別のタブで開きます及びWiSJ別のタブで開きますのホームページをご参照ください。

    2020年11月
  • 坂井 南美主任研究員が「第2回輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)」を受賞しました

    坂井 南美主任研究員(開拓研究本部(CPR)坂井星・惑星形成研究室)が第2回輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)を受賞しました。同賞は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が女性研究者の活躍推進の一環として、持続的な社会と未来に貢献する優れた研究などを行っている女性研究者及び女性研究者の活躍を推進している機関を表彰するため2019年度に創設された制度です。

    坂井主任研究員は、天文学と化学を融合した新たな分野の開拓により「太陽系のような環境は宇宙でどれほど普遍的に存在するのか」という天文学の根源的な問題に切り込み、多様な太陽系外惑星系の起源や、惑星系形成の解明につながる革新的な成果を挙げています。また、研究以外の社会貢献として、講演・展示などのアウトリーチ活動、女性研究者リーダーシップ開発プログラム講師など、女性活躍推進や後進育成のための活動にも積極的に取り組んでいることなどが総合的に評価され、受賞に至りました。

    輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)の詳細については科学技術振興機構のホームページ別のタブで開きますをご参照ください。

    2020年10月
  • 仕事と介護の両立支援セミナーを開催しました

    2020年9月15日(火)、仕事と介護の両立支援オンラインセミナー「これからの時代の家族と介護の在り方 ~介護離職をしない、させないために~」を開催しました。株式会社リクシス取締役副社長CSOの酒井穣氏を講師にお迎えし、ウィズコロナ時代になお必要とされるエイジングリテラシーについて解説していただきました。

    2020年9月
  • 2020年度後期「妊娠、育児又は介護中の研究系職員の支援者にかかる経費助成」を行いました

    妊娠中、育児中又は介護中の研究系職員の業務を支援する者を雇用する経費を助成し、研究業務との両立を支援しています。

    2020年8月
  • 2020年度「研究中断からの復帰のための研究費支援」を行いました

    研究開発成果の維持・向上につなげるため、育児・介護などのライフイベントによる研究中断からの復帰を支援しています。

    2020年8月
  • 森田梨津子研究員が「第13回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント」を受賞しました

    生命機能科学研究センター細胞外環境研究チームの森田梨津子研究員が、指導的立場を目指す意欲があり、科学技術発展への貢献が期待できる女性研究者を対象とする「第13回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント」を受賞しました。
    資生堂サイエンスグラント別のタブで開きます

    2020年7月
  • 内閣府ベビーシッター派遣事業を開始しました

    仕事と育児を両立するための支援策として開始しました。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、新しい生活様式が求められる今、ベビーシッターも新たな選択肢の一つとして活用できる環境を整えています。

    2020年6月
  • 2021年度加藤セチプログラム 理研白眉制度(女性PI)別のタブで開きますの募集を行いました

    2020年4月
  • 『女性研究者リーダーシップ開発プログラム』を実施しましたPDFファイルを開きます

    2020年1月から3月にかけて、今後研究室主宰者を目指す若手・中堅女性研究者を対象とした全5回のプログラムを実施しました。このプログラムでは、スキル強化研修のほか、複数のPIとのメンタリングセッション、役員とのランチミーティングも実施し、研究リーダーに必要な要件の多面的な習得と女性研究者同士のネットワーク構築を行いました。

    2020年1月~3月
  • 神戸キャンパス一般公開で『理系志望の女子中高大生、個別相談会』を開催しました

    2019年11月9日(土)に開催された神戸キャンパス一般公開で、ボランティア相談員による個別相談会を開催しました。
    理系志望の女子中高大生、個別相談会 写真1
    理系志望の女子中高大生、個別相談会 写真2
    理系志望の女子中高大生、個別相談会 写真3
    理系志望の女子中高大生、個別相談会 写真4

    2019年11月
  • 仕事と介護の両立支援セミナーin横浜を開催しました

    2019年10月15日(火)、横浜事業所において「今から備える仕事と介護の両立 ~もし、突然親が倒れたら?~ 」と題したセミナーを開催しました。介護・暮らしジャーナリストであり、NPO法人パオッコ理事長の太田差惠子氏を講師にお迎えし、遠距離介護と仕事の両立について、親が元気なうちから知っておくべきことやお金のことなども交えてお話しいただきました。

    2019年10月
  • 仕事と介護の両立支援セミナーを開催しました

    2019年10月3日(木)、「仕事と介護の両立実現のために ~働く介護者の心構え~」と題したセミナーを開催しました。自らの介護離職の経験から、「介護者の不幸は選択肢が見えなくなること」と語る一般社団法人介護離職防止対策促進機構代表理事/ワーク&ケアバランス研究所代表取締役の和氣美枝氏を講師にお迎えし、介護がはじまっても自分らしい人生を送るために必要な情報と心構えについて解説していただきました。 仕事と介護の両立支援セミナー 写真1

    2019年10月
  • 仕事と介護の両立のための個別相談会を開催しました

    「親の介護で先が⾒えず、ストレスがたまっている」、「親の介護に備えて何を準備しておけばいいのか不安」、「⼦育てと介護の両⽅を抱えて両⽴に⾃信がない・・・」など、個別の状況や将来の不安などについて専門家が相談を受ける個別相談会を、2019年9月から隔月で開催しました。

    2019年9月~2020年3月
  • 子育て・介護応援ガイドブックを改訂しました

    妊娠・出産・育児及び介護の際に活用できる支援制度を紹介したガイドブックの改訂を行いました。よりわかりやすく、活用しやすくするために、これまで一冊だったガイドブックを『子育て編』と『介護編』に分けたほか、日本語版と英語版を用意しました。
    子育て支援ガイドブック日本語版 表紙画像 日本語版 子育て支援ガイドブック英語版 表紙画像 英語版 介護支援ガイドブック日本語版 表紙画像 日本語版 介護支援ガイドブック英語版 表紙画像 英語版

    2019年9月
  • 横浜キャンパス一般公開で『理系志望の女子中高大生、個別相談会』を開催しました

    2019年9月21日(土)に開催された横浜キャンパス一般公開で、ボランティア相談員による個別相談会を開催しました。
    理系志望の女子中高大生、個別相談会1
    理系志望の女子中高大生、個別相談会2
    理系志望の女子中高大生、個別相談会3
    理系志望の女子中高大生、個別相談会4

    2019年9月
  • 『科学講演会in静岡』PDFファイルを開きますでパネル展示を行いました

    高校生・大学生を含む、一般の方を対象とした科学講演会in静岡において、理研におけるダイバーシティ推進の取組をまとめたパネルを展示し、来場者の方々に広く取組をご紹介しました。 科学講演会静岡 写真1
    科学講演会静岡 写真2

    2019年9月
  • 彩の国女性研究者ネットワーク訪問セミナーを開催しました別のタブで開きます

    理研も参画している彩の国女性研究者ネットワークの企画により、理研の和光キャンパス見学会を開催しました。

    2019年9月
  • ダイバーシティセミナーを開催しました

    2019年9月10日(火)、「生産性を高める“チーム”の作り方」と題したセミナーを開催しました。

    2019年9月
  • 「病児・病後児ベビーシッター費用補助支援」を開始しました

    仕事と育児の両立の一助として、試行的に導入を開始しました。

    2019年8月
  • 和光地区一般公開で『理系志望の女子中高大生、個別相談会』を開催しました

    理系分野を志望している女子(中学生・高校生・大学生)の将来のキャリアパスやライフプランニングに関係する情報を提供し、理系進路選択を支援することを目的に、2019年4月20日(土)に開催された和光地区一般公開で、ボランティア相談員による個別相談会を開催しました。 理系志望の女子中高大生、個別相談会 和光一般公開 写真1
    理系志望の女子中高大生、個別相談会 和光一般公開 写真2
    理系志望の女子中高大生、個別相談会 和光一般公開 写真3
    理系志望の女子中高大生、個別相談会 和光一般公開 写真4

    2019年4月
  • スペシャルダイバーシティセミナーを開催しました

    2019年2月28日(木)、「アカデミアにおける不平等の克服にむけて 成功への手段」と題したスペシャルダイバーシティセミナーを開催しました。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)から、ダイバーシティ担当ディレクターのフィオナ・マクレメント氏と上級大学職員のサラ・モーレ氏をお迎えし、UCLの取り組みについてお話しいただきました。

    2019年2月
  • 仕事と介護の両立支援セミナーin神戸を開催しました

    2019年2月4日(月)、神戸事業所において「今から備える仕事と介護の両立 ~もし、突然親が倒れたら?~ 」と題したセミナーを開催しました。介護・暮らしジャーナリストであり、NPO法人パオッコ理事長の太田差惠子氏を講師にお迎えし、遠距離介護と仕事の両立について、親が元気なうちから知っておくべきことやお金のことなども交えてお話しいただきました。セミナー終了後、専門家による個別相談会や情報交換会も行いました。

    2019年2月
  • ダイバーシティセミナーを開催しました

    2019年1月18日(金)、「今、求められるダイバーシティ・マネジメントとは ~多様性(ダイバーシティ)が及ぼす影響とチーム作り~」と題したセミナーを開催しました。東京大学総合教育研究センター特任研究員の正木郁太郎氏を講師にお迎えし、社会心理学や経営学の観点から、「組織のダイバーシティ向上がなぜ必要なのか?」「ダイバーシティを高めることに『効果』があるのか?」「『効果』を高めるには誰の、どのような工夫が必要なのか?」の3点について、主に欧米諸国における実証研究と、発展途上ながら日本で行われている実証研究について解説していただきました。

    2019年1月
  • ダイバーシティセミナーを開催しました

    2018年12月10日(月)、「無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)の影響と対応」と題したセミナーを開催しました。ダイバーシティ(多様性)&ワークライフ・コンサルタントのパク・スックチャ氏を講師にお迎えし、さまざまな場面でもたらされる無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)とその影響、適切な対応についてお話しいただきました。

    2018年12月
  • 「ダイバーシティ研究環境実現のためのアンケート調査」を実施しました

    育児・介護の支援制度の活用状況及び研究力向上に関するニーズを把握することで、ダイバーシティ研究環境実現のために必要な支援のあり方を検討するため、アンケート調査を実施しました。

    2018年10月
  • 仕事と介護の両立支援セミナーを開催しました

    2018年9月21日(金)、「どうする?離れて暮らす親のケア~自分も親も大切にする~」と題したセミナーを開催しました。介護・暮らしジャーナリストであり、NPO法人パオッコ理事長の太田差惠子氏を講師にお迎えし、遠距離介護と仕事の両立について、親が元気なうちから知っておくべきことやお金のことなども交えてお話しいただきました。

    2018年9月
  • 和光地区一般公開で『理系志望の女子中高大生、個別相談会』を開催しました

    理系分野を志望している女子(中学生・高校生・大学生)の将来のキャリアパスやライフプランニングに関係する情報を提供し、理系進路選択を支援することを目的に、2018年4月21日(土)に開催された和光地区一般公開でボランティア相談員による個別相談会を開催しました。 理系志望の女子中高大生、個別相談会 和光一般公開 写真1
    理系志望の女子中高大生、個別相談会 和光一般公開 写真2
    理系志望の女子中高大生、個別相談会 和光一般公開 写真3

    2018年4月
  • 「ダイバーシティの推進に向けて~無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)の視点~」PDFファイルを開きます を開催しました

    2018年2月14日(水)、ダイバーシティの推進を阻害する重要要因の一つとして注目されている「無意識のバイアス(Unconscious-Bias)」に対する理解を深めることを目的に開催しました。シンポジウムでは他機関の取り組みも紹介し、お互いの推進方策の効果を高めていくための情報交換や意見交換を行いました。

    2018年2月
  • ダイバーシティセミナーを開催しました

    2018年1月24日(水)、働き方改革において豊富な支援実績を持つ株式会社ワーク・ライフバランス社代表の小室淑恵氏を講師にお迎えし、「男性も女性も輝く働き方」と題したセミナーを開催しました。効果的な仕組みを採用し改革に成功した会社や研究所の事例を盛り込みながら、今私たちにできる働き方改革について、わかりやすく解説していただきました。

    2018年1月
  • 仕事と介護の両立支援セミナー「認知症について学ぼう」を開催しました

    2017年11月2日(木)、和光市役所保健福祉部長寿あんしん課統括主査の堀江和美先生を講師にお迎えし、認知症サポーター養成講座を開催しました。セミナーの前には、専門家による介護の個別相談会(ランチ会)も実施しました。

    2017年11月
  • 理事とのランチミーティングを実施しました

    2017年11月1日(水)、「女性研究者みんなで語ろう」と題し、理事とのランチミーティングを実施しました。ライフイベントとの両立やキャリアに関する要望や問題意識などについて、活発な意見交換が行われました。

    2017年11月
  • 「競争的資金獲得に向けた相談会」を開催しました

    横浜事業所(9月27日(水))、神戸事業所(10月2日(月))、筑波事業所(10月4日(水))において、外部資金室による個別相談会に合わせ、希望者に対する申請書の推敲支援を実施したほか、『科研費獲得のポイント』をまとめた資料を内部で公開しました。

    2017年9月~10月
  • 「理研 国際女性科学者コロキウム」PDFファイルを開きますを開催しました

    平成29年9月26日(火)、「理研 国際女性科学者コロキウム~生命科学と物理・化学の知の融合~」を開催しました。基調講演には国際的に活躍するペンシルバニア州立大学キャサリン・ロス教授をお迎えしたほか、若手女性研究者の研究発表、交流会を行いました。

    2017年9月
  • 「イクボス」をテーマとしたミニセミナーを開催しました

    2017年9月25日(月)、筑波事業所において、外部資金質との共催で「イクボス」をテーマとしたミニセミナーを開催しました。

    2017年9月
  • 「東大理学部で考える:女子中高生の未来2017」PDFファイルを開きますにおいて講演を行いました

    2017年9月2日(土)、東京大学理学部で開催された「女子中高生の未来2017」において、ダイバーシティ推進室の塩満典子室長代理が、「進路選択、ワーク、ライフ~公務員、研究者」という題目で講演を行いました。

    2017年9月
  • 仕事と介護の両立支援セミナー「介護について学ぼう」を開催しました

    2017年8月22日(火)、埼玉県和光市の保健福祉部長を講師にお迎えし、「介護保険制度のポイント」や「包括ケアについて」お話しいただきました。また、セミナー終了後に個別相談会も実施しました。

    2017年8月
  • 「Global Women in Science and Technology (GWST)」にブースを出展しましたPDFファイルを開きます

    2017年7月15日(土)、神奈川県・横浜シンポジアで開催された「Global Women in Science and Technology」(主催:特定非営利活動法人日本女性技術者科学者ネットワーク、共催:横浜市)にブースを出展しました。

    2017年7月
  • 『活躍する女性研究者の活動紹介』を制作しました

    理研で活躍する女性研究者を紹介するロールモデル集『活躍する女性研究者の活動紹介 -ダイバーシティ研究環境実現に向けて-』(日本語版・英語版)を制作しました。 活躍する女性研究者の活動紹介 -ダイバーシティ研究環境実現に向けて-1 日本語版 活躍する女性研究者の活動紹介 -ダイバーシティ研究環境実現に向けて-2英語版

    2017年3月
  • キックオフシンポジウムを開催しましたPDFファイルを開きます

    2017年2月23日(木)、基調講演者として国際的に著名な女性研究者であるルンド大学のセシリア・ヤールスコク名誉教授をお招きし、「研究開発成果の最大化に向けたダイバーシティの推進」と題したシンポジウムを開催しました。

    2017年2月
  • 「イクボス」をテーマとしたミニセミナーを開催しました

    2017年9月25日(月)、筑波事業所において、外部資金質との共催で「イクボス」をテーマとしたミニセミナーを開催しました。

    2017年9月