ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ

平成28年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」に、理化学研究所の提案が採択され、平成28年12月1日にダイバーシティ推進室が設置されました。
ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブとは、研究環境のダイバーシティを高め、優れた研究成果の創出につなげるため、各機関・地域の特色を踏まえた、女性研究者の活躍推進に向けた機関としての目標・行動計画を設定・公表することを要件とし、女性研究者のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の整備や女性研究者の研究力向上のための取組及び女性研究者の積極採用や上位職への積極登用に向けた取組を支援するものです。
ダイバーシティは知的活動や新産業の創出など新しい価値の創出、イノベーションを促す原動力や潤滑油の役割を果たすと言われています。理研においては、その対象を女性研究者に限定することなく、本事業の取組を「研究開発成果の最大化」につなげ、創造的な科学活動とイノベーションの一層の推進を図っていきます。

「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ 女性研究者研究活動支援事業」について

 理研の中期目標・中期計画、また「女性活躍推進法」「次世代育成支援対策推進法」に基づく行動計画を踏まえ、ダイバーシティ推進室では以下の目標を掲げています。

  1. 指導的地位の女性研究者比率を10%以上に向上、ライフイベント時の研究継続支援としての環境整備
  2. 分野ごとの特性に応じた女性研究者割合の一層の向上、研究関係従事者全体の女性割合36%の維持向上
  3. 法を上回る育児・介護休業制度の定着、同休業期間中の代替要員の確保、始業・終業時刻の繰上げ・
    繰下げ制度の定着
  4. 育児・介護離職者比率ゼロ、科研費採択率男女差ゼロの実現・維持

取組の概要

  1. 1.ダイバーシティ研究環境整備
  2. 2.女性研究者の研究力向上
  3. 3.女性研究者の採用・登用促進