女性研究者の採用・登用促進

女性研究者の採用・登用促進のために、以下の取組を推進します。

  1. 分野別・職階別の採用・登用数の数値目標を設定
  2. 採用・登用を促進するための予算的インセンティブ付与
  3. 採用・キャリアアップ等に関する意識啓発

 我が国の女性研究者割合は、平成28年度時点で15.3%であり、国際的に見て低い水準です。また、理工系に進む女子学生の割合は、人文・社会系に比較して低く、上位職階に上がると更に低くなります。
 今後、客観的データに基づく女性研究者の採用・登用割合における数値目標設定のほか、公募要領の工夫、クロスアポイントメント、意識啓発等により女性研究者の採用・上位職への積極登用を促進します。
 また、先輩研究者と若手研究者の交流に加え、中高生、大学生・院生との交流機会を拡大し、活躍する女性研究者(ロールモデル)の可視化を図り、次世代のキャリア形成を支援します。

理工系女性人材の育成支援

  • ジェンダーサミット10 女子中高生向けサテライトイベント
    理系選択のその先にどんな未来があるか、中高生・保護者を対象に理系選択の未来を知っていただくイベントです。
    http://www.jst.go.jp/diversity/activity/seminar/rikejyojinsei.html
  • 女性技術者科学者国際会議 International Conference INWES・APNN2017&GWST
    女性技術者・科学者のグローバルネットワークを推進する国際会議。女子高生・大学生がグローバルで活躍する女性技術者科学者とふれあうイベントもあります。
    http://apnn.jnwes.org/